管理栄養士のためのVBA入門|第1回:VBAとは?

Excel

みなさん、こんにちは。

シンノユウキです。

今回から新連載のスタートです。題して、
「管理栄養士のためのVBA入門」です。

「VBA」という言葉は、聞いた事がある人もいらっしゃるかもしれません。
が、多くの方があまり馴染みのない言葉ではないでしょうか。

この連載は、VBAを勉強したことのない管理栄養士の方を対象に、VBAの基礎から解説していきます。最終的には、初学者でもVBAを実務や研究などに活用できるレベルまで持っていくことを目的としています。

連載初回である今回は、VBAとはなにか、管理栄養士がVBAを学ぶメリットなどをご紹介できればと思います。

では、行きましょう。

 

VBAとは?

はじめに、VBAとは何か?について説明していきます。VBAについて、Wikipediaに掲載されている紹介文をそのまま引用します。

Visual Basic for Applications(ビジュアルベーシック・フォー・アプリケーションズ、VBA)は、マイクロソフト製のMicrosoft Officeシリーズに搭載されているプログラミング言語である。

引用)https://ja.wikipedia.org/wiki/Visual_Basic_for_Applications

ふむ。この説明だけではわかりづらいですね。

簡単に説明すると、VBAというのは、Microsoft Office、つまり皆さんがよくお使いのExcelやWordなんかに標準で掲載されているプログラミング言語のことです。

この言語を上手く使用することで、Excelなどにおける操作を自動化し、操作に伴う手間やミスなどを大幅に少なくしてくれます。

 

マクロとの違いはなに?

マクロを形成しているのがVBA

Excelにはマクロという機能もあります。

皆さんがExcelを使用している際に、同じ作業を何度も繰り返して面倒だと思ったことはありませんか?例えば、コピペを何度も繰り返したり、デザインなどが同じでデータが違うだけのグラフ作成を、いちいち手作業で行っていたりなどです。

こういった作業を一括りにできるのがマクロです。繰り返し行う操作を記録してしまうことで、次に実行する際には、ワンクリックで幾度ものコピペやグラフ作成が済むようになります。

こういったマクロを形成しているのがVBAというプログラミング言語です。記録された操作は、画像や動画などでコンピュータに記録されているのではなく、VBAというプログラミング言語として記録されています。いわば、VBAがマクロを形成している、ということなのです。

 

マクロとVBAの違い

VBAがマクロを形成しているのならば、わざわざVBAを勉強せずともマクロで記録するだけで済むのでは?と考える方もいらっしゃるかもしれません。

確かに簡単な操作であればVBAでできることとマクロでできることには差が無いかもしれません。たとえばセルA1からセルB1に値をコピペする、という程度なら、マクロだけで事足ります。わざわざVBAを書く必要もありません。

しかし、マクロでは難しい処理があります。それは以下の2つ、

  1. 繰り返し
  2. 条件分岐

です。

マクロで繰り返しを行う場合、たとえばグラフを作成するという作業を100回繰り返したい場合、いくらマクロがワンクリックで済むといっても、100回の繰り返しのためには100回クリックしなければなりません。しかし、こういった繰り返し処理も、VBAを用いると簡単に実装できます。

また、マクロでは条件によって処理を変えるということもできません。たとえばセルA1の値が70点以上ならセルB1に○を、それ以下なら☓を入力するという処理はマクロではできません。しかし、VBAならif文を用いることで簡単に実装できます。

このように、マクロとVBAは似てはいますが、できることには大きな違いがあります。複雑な処理を行いたい場合にはマクロでは不十分で、VBAが必要になってくるのです。

 

管理栄養士がVBAを学ぶメリット

ここからは、管理栄養士がVBAを学ぶメリットをご紹介します。

日常の業務にも活用できる

今回の連載では、自作した栄養計算ソフトに、食品を簡単に入力できる機能を実装することが目的です。しかし、これによってVBAの基礎知識を身につけると、日常業務の効率化を行うことができます。

仕事の多くの場面でExcelが利用されていることは、想像に難しくありません。今までは知識がなかったため、ひたすら退屈で面倒な繰り返し処理を行っていたとしても、VBAを勉強することでそういった業務をワンクリックで済ませることができるようになりかもしれないのです。

そうすることで、面倒な雑用に時間を取られるのではなく、本来の栄養管理業務や献立作成業務に時間を使うことができるようになります。自分だけではなく、患者さんやクライアントのためにも有用なことだと思います。

論理的思考が身につく

プログラミングは非常に論理的な行為です。一つ一つの言葉を積み重ね、何らかの機能をもった物を作成します。このような過程を通すことで、論理的な思考を身につけられることが期待できます。

2020年には、小学校でもプログラミングが必修になる流れのようです。プログラミングを行うことで、論理的な思考を習得できると考えられていることが理由です。

論理はプログラミングだけでなく、他にも応用が効く基本的なスキル。話をしたり、文章を書いたりする際にも必要となります。プログラミングを通して、論理思考を身につけてみましょう。

 

まとめ

今回は「管理栄養士のためのVBA入門」の第1回で、VBAという言語について、また管理栄養士がそれを学ぶメリットを紹介しました。

次回より実際にプログラミングに入り、少しずつ目的の機能の実装に向けて進んでいきたいと思います。

 

連載目次