栄養情報

食品・栄養素

食事摂取基準でのエネルギー・栄養素の優先順位について

優先順位を判断するための材料はたくさんありますが,基本的には食事摂取基準の本文中にもあるように「エネルギー摂取の過不足を防ぐこと、栄養素の摂取不足を防ぐことを基本とし、生活習慣病の予防を目指すことになる」かと思います。これをベースに弾力的に優先順位を判断する能力が管理栄養士に求められます。
食品・栄養素

管理栄養士が『完全栄養食』の現状・種類をまとめました

管理栄養士が,『完全栄養食』の現状と種類をまとめました。COMP,Huel,BASE FOOD,NISSIN All-inの概要と,おすすめの選び方もご紹介します。
食品・栄養素

私たちが野菜を食べる健康上の理由を整理する

野菜を食べる目的は「ビタミン・ミネラルを摂取するため」だけではありません。それ以外にも野菜を食べる健康上のメリットが存在します。その周辺を整理していきます
ヘルスリテラシー

プラセボ効果をわかりやすく解説【ヘルスリテラシーを身につけよう②】

今回は「ヘルスリテラシーを身に着けよう」の連載の第2回で,「プラセボ効果」について紹介します。「効果があった!」と感じていることは,もしかしたらプラセボ効果かもしれません。 前回の記事はこちら! プラセボと...
食品・栄養素

個人対応栄養学:Personalised Nutrition について

「食べる」という行為は個人的な営みです。その個人によって,食べるもの・食べられるものは大きく異なります。であれば当然,栄養学もそれによって変化しなくてはなりません。つまり「個人対応栄養学:Personalised Nutrition」を実践する必要があるのです。今回は,昨今の個人対応栄養学について書かれた文献を参考にし,その現状について紹介します
ヘルスリテラシー

最速で健康栄養リテラシーを身につける方法

世間では健康や栄養に関する情報が溢れています。それらは,信頼できる質の高い情報もあれば,そうでないものもある「玉石混交」の状態です。玉と石を見極めるためには,それぞれの個人が「健康栄養リテラシー」を身につける必要があります。それを「最速」で身につけるためには,ある2つの書籍を読むことをオススメします。
食品・栄養素

「機能性表示食品」の科学的根拠となるシステマティックレビューの質について

2015年より,「機能性表示食品」と呼ばれるタイプの食品が新しく登場しました。これは,以前より存在していた「特定保健用食品」とは明確に異なるもので,特定保健用食品で必要となる国による審査が不要なのが特徴です。機能性を表示するだけの...
食品・栄養素

食に関する価値観の多様性について

「あなたはなんのために食事をしていますか?」と聞かれたら,なんて答えますか? 私の場合は「空腹を満たすため」と答えるかもしれません。でも,「美味しいものを食べるため」っていうのも少しあります。これについては,人によって大きく...
2019.09.25
食品・栄養素

【管理栄養士が検証】 アリナミンの臨床試験データは信用できるか?

栄養ドリンクとして有名なアリナミンは,アリナミンEXゴールドという製品で,その製品が効く根拠として,「臨床試験データ」をWebで公開しています。 今回はそのデータがどの程度信用に足るものなのか,見てみたいと思います。 ではいきま...
2019.09.16
食品・栄養素

コーヒーと健康との関連に決着をつけたい(JPHC研究の結果から)

私はコーヒーをよく飲みます。朝,自宅でドリップコーヒーをカップ2~3杯ほど飲み,会社ではキリンの600mlペットボトルコーヒーをがぶ飲みし,たまに昼休みにセブンイレブンのホットコーヒーのラージサイズを飲んだりします。コーヒーカップ...
2019.09.29
タイトルとURLをコピーしました