R言語

R言語

【機能追加】R言語 × 日本食品標準成分表に食事データ作成に便利な関数を追加しました

R言語で日本食品標準成分表が扱えるパッケージ:「FoodCompotitionInJapan」で,食事データを作成する際に便利な関数を紹介します.
R言語

【機能追加】R言語 × 日本食品標準成分表に栄養計算機能を追加しました

R言語で日本食品標準成分表が扱えるパッケージ:「FoodCompotitionInJapan」で,食品リストから栄養価を計算する機能を紹介します
R言語

R言語で日本食品標準成分表を使えるパッケージを作成しました

日本食品標準成分表をR言語で使えるパッケージを作成しました.そのパッケージの使い方と基本的な機能を紹介したいと思います.
2019.05.10
R言語

R言語でUSDAの食品成分表が使える「NutrienTrackeR」の基本的な使い方と機能を紹介

栄養計算用のRパッケージ:「NutrienTrackeR」の概要や基本的な使い方を紹介します
R言語

【R×栄養統計】食べる速さでエネルギー摂取量に差がある?対応のない多標本の栄養統計

R言語で栄養統計を行う連載.対応のない多標本データを比較する際の統計手法について解説します.仮説検定としては,一元配置分散分析 (one-way ANOVA),クラスカル・ウォリス検定を取り上げます.
2019.01.13
R言語

【R×栄養統計】栄養指導に効果はあった?対応のある2群間の栄養統計

R言語で栄養統計を行う連載.対応のある2群間での数量データを比較する際の統計手法を解説します.仮説検定としては,対応のあるt検定,ウィルコクソンの符号順位検定を取り上げます.
2019.05.17
R言語

【R×栄養統計】男女でエネルギー摂取量に差はある?対応のない2群間の栄養統計

R言語で栄養統計を行う連載.対応のない2群間での数量データを比較する際の統計手法を解説します.仮説検定としては,スチューデントのt検定,マン・ホイットニー検定を取り上げます.
2019.01.05
R言語

【R×栄養統計】正規分布しているか?正規性を確認する方法を紹介します

R言語で栄養統計を行う連載.今回は正規分布の基本と正規性を確認する方法を紹介します.ヒストグラムとシャピロ・ウィルク検定を用いた正規性の確認の方法を取り上げます.
2019.05.17
R言語

【R×栄養統計】性別と肥満度に関係があるか?カテゴリデータの栄養統計

R言語で栄養統計を行う連載.性別や肥満度などに代表されるカテゴリデータの栄養統計についてみていきます.仮説検定としては,ピアソンのカイ二乗検定,フィッシャーの正確確率検定を取り上げます.
2019.01.05
R言語

【R×栄養統計】データの読み込み方法を習得しよう【TXT・CSV,・XLSX】

R言語で栄養統計を行う連載.今回はR言語を用いてデータの読み込みを行う方法を紹介します.TXTファイル (txt),CSVファイル (csv),・Excelファイル (xlsx)の3つのファイル形式を取り扱います.
2019.01.05