進学する!管理栄養士が大学院に行くメリット・デメリット

この記事は約4分で読めます。

みなさん,こんにちは.
シンノユウキ(shinno1993)です.

私は管理栄養士養成の大学を卒業した後,そのまま大学院に進学しました。今回は,管理栄養士が大学院に進学するメリットとデメリットをあわせて紹介したいと思います。

ではいきましょう!

メリット

研究スキルが身につく

大学院に進学することで,研究スキルを身につけることができます。学部卒でも,卒業研究で一定の研究は行いますが,大学院のそれとは,やはりレベルが違います。研究の期間も2年間(博士は3年)と長くなり,より深く・洗練された内容を求められます。

「将来研究職につきたいわけではない」という方もいますよね?研究職以外の職につく方でも研究スキルは役立つと思います。先行研究をレビューし,問題を見つけ,それを解決するための仮設を立てて検証する。それを見直し,洗練させ,再度挑戦する。研究ではこのようなプロセスを経ます。その過程で培われる能力は,その他の領域でも活かされるものだと思います。

就職で有利になる

大学院に進学することで就職が有利になる場合もあります。具体的には研究職。大学院修了が必須といっていいでしょう。今は,大学院に進学する管理栄養が多くなっています。なので学部卒で研究職に就くのは,もはや難しいと考えていいでしょう。修士が最低限,できれば博士も欲しいところです。

その他,管理栄養士の就職先として人気の高い,食品会社での開発や企画などの仕事も,専門知識が要求される仕事の一つです。こういった職に就く場合でも,大学院を修了しておくことはメリットとなるでしょう。

自分を見つめ直す機会にもなる

大学院での2年間(博士課程にまで行く場合は+3年間)は自分を見つめ直す良い機会になります。

管理栄養士養成校は,他の学部よりも,大学生活にゆとりがありません。実験や実習などで授業も比較的詰まっており,それに伴うレポートもあるからです。加えて,4年時には管理栄養士の国家試験対策も必要となります。国家試験対策は「普段の授業だけで十分」な方もいるでしょうが,やはりある程度の時間を奪われてしまうという方が大半でしょう。

それに対して,大学院だとある程度のゆとりを持つことができます。(実験に追われるような研究室も中にはありますが)。授業の選択も,ある程度は自由に行えますし,研究スケジュールある程度融通がきくでしょう。つまり,より自由に調整できるようになるのです。このメリットを活かし,まとまった時間を使って自分の研究内容ややりたいことなどを見つめ直してみると良いでしょう。

デメリット

学費が必要になる

大学院に進学するデメリット(負担)の最も大きなところは学費が必要だということです。学部よりも安価というところは少なくないですが,それでも大きな負担であることは間違いないでしょう。私の同級生も,多くの方が奨学金に頼っていたと記憶しています。

とはいえ,いくつか解決策もあります。大学院は学部よりも奨学金制度が充実しているように感じますすし,返済の必要のない給付型の奨学金を利用するチャンスも多くなります。ですので,成績も優秀で研究への意欲もある,という方が学費がネックとなって進学を断念するのはもったいないです。これらの制度をうまく利用されることをおすすめします。

指導教員に左右される

研究室によって,研究の大変さ・その後の就職の難易度が変わったりします。これらは,指導教員によって大きく左右されるからです。

毎日研究室に来てハードに実験することを求める教員もいますし,放任主義で院生の自主性にその多くを任せている教員もいます。就職に関しても,積極的に斡旋してくれる先生もいれば,そうでない先生もいます。つまり,研究内容のみならず,その後の就職などに関しても指導教員に左右されてしまうことになるのです。

なので,自分の今後の人生の一部でも託すつもりで,真剣に指導教育を選びましょう。卒論の指導教育をそのまま選ぶ方が大半でしょうが,もちろん他の教員を選んでも問題ありません。その研究室の在籍している院生の普段の生活を観察しつつ,就職状況などを調査しても良いでしょう。今後に悔いの残らないように真剣に選ぶことをおすすめします。

チャンスがあれば進学を視野にいれよう

ここまで管理栄養士が大学院に進学するにあたってのメリットとデメリットを紹介してきました。大学院に進学するメリットは決して小さくありません。研究に対する意欲があるという管理栄養士は,ぜひ大学院への進学を視野に入れてみてください。

また,就職関連の記事も書いていますので,ぜひ参考にしてください。

【栄養学部の学生向け】新卒管理栄養士の就職活動について
新卒管理栄養士の就職活動についての記事です.管理栄養士独特の就職活動や,参考にすべき情報について紹介します.
タイトルとURLをコピーしました