栄養統計

栄養統計

【R×栄養統計】どの群間に差がある?対応のない多標本における多重比較

R言語で栄養統計を行う連載.対応のない多標本における多重比較の方法について紹介しています.仮説検定としてボンフェローニ補正,チューキーのHSD検定,ダネット検定を取り上げています.
栄養統計

【R×栄養統計】多重比較を行う理由と使い分けを紹介|検定の多重性問題

R言語で栄養統計を行う連載.検定の多重性問題と多重比較の使い分けについて紹介します.
栄養統計

【機能追加】R言語 × 日本食品標準成分表に食事データ作成に便利な関数を追加しました

R言語で日本食品標準成分表が扱えるパッケージ:「FoodCompotitionInJapan」で,食事データを作成する際に便利な関数を紹介します.
栄養統計

【機能追加】R言語 × 日本食品標準成分表に栄養計算機能を追加しました

R言語で日本食品標準成分表が扱えるパッケージ:「FoodCompotitionInJapan」で,食品リストから栄養価を計算する機能を紹介します
栄養統計

R言語で日本食品標準成分表を使えるパッケージを作成しました

日本食品標準成分表をR言語で使えるパッケージを作成しました.そのパッケージの使い方と基本的な機能を紹介したいと思います.
2019.05.10
栄養統計

R言語でUSDAの食品成分表が使える「NutrienTrackeR」の基本的な使い方と機能を紹介

栄養計算用のRパッケージ:「NutrienTrackeR」の概要や基本的な使い方を紹介します
栄養統計

【R×栄養統計】食べる速さでエネルギー摂取量に差がある?対応のない多標本の栄養統計

R言語で栄養統計を行う連載.対応のない多標本データを比較する際の統計手法について解説します.仮説検定としては,一元配置分散分析 (one-way ANOVA),クラスカル・ウォリス検定を取り上げます.
2019.01.13
栄養統計

Excelでエネルギー調整をしてみよう!密度法と残差法の2つの方法を紹介

* 更新 簡単にエネルギー調整が行えるExcelシートを新しく公開しました. ・手っ取り早くエネルギー調整したい方→こちら ・詳しく知りたい方→引き続き以下をご覧ください. 今回はExcelを用いてエネルギー調整を行...
2019.01.13
栄養統計

【Excel】残差法によるエネルギー調整を行うためのExcelシートを作成しました【栄養統計】

以前、以下の記事でExcelによるエネルギー調整の方法を解説しました。 Excelでエネルギー調整をしてみよう!密度法と残差法の2つの方法を紹介 しかし、特に残差法は方法が複雑でちょっと使ってみたいという場合には、少し向...
栄養統計

【R×栄養統計】栄養指導に効果はあった?対応のある2群間の栄養統計

R言語で栄養統計を行う連載.対応のある2群間での数量データを比較する際の統計手法を解説します.仮説検定としては,対応のあるt検定,ウィルコクソンの符号順位検定を取り上げます.
2019.05.17
タイトルとURLをコピーしました