「一般的な日本人はどの栄養素をどの食品からどのくらい摂取しているの?」に答えるためのExcelツールを作ってみた

未分類

みなさん,こんにちは.
シンノユウキ(shinno1993)です.

それぞれの食品には,それぞれに異なった種類と量の栄養素が含まれています。それらを食べることで,私達は外界から栄養素を摂取しています。

どの栄養素をどの食品からどのくらい摂取しているのかを知ることは,食生活と健康を考える上で重要です。「飽和脂肪酸を控えろ!」て言われても,一般的になんの食品から飽和脂肪酸をどのくらい摂取しているかを把握していないと控えようもないからです。

一個人について「どの食品からどの栄養素をどのくらい摂取しているか」を知るためには,その個人の食事を測定してみるのがベストですが,なかなかそうもいきません。となると,一般的な日本人の食生活から知りたくなります。理想は個別の食事評価ですが,代替案がないよりはマシでありましょう。

それに答えるためのExcelツールを作ってみました。以下からDLできます:

ファイルを開き,「ピボット」を使います。ピボットテーブル機能を利用して作成しています。平成29年度の国民健康・栄養調査の結果(20歳以上,男女計)を参照し,どの栄養素をどの食品からどのくらい摂取しているかを見ることができます。値フィールドに該当の栄養素を入れ,栄養素で並び替えることでわかりやすく使えます。

食品の区分は国民健康・栄養調査に合わせて大分類・中分類・小分類を用意しています。細かくみたい場合は,大分類や中分類を行フィールドから除くと良いでしょう。

この記事を書いた人

管理栄養士 / 修士(人間生活科学) / 栄養情報ブロガー / ブログ:「みんな栄養に頼りすぎてる」では栄養情報やICTに関する情報を発信していきます。

シンノユウキをフォローする
未分類
シンノユウキをフォローする
みんな栄養に頼りすぎてる
タイトルとURLをコピーしました