ExcelのワークシートをDOVパターンで構成する【方法とメリット】

Excel Tips
この記事は約4分で読めます。

みなさん,こんにちは.
シンノユウキ(shinno1993)です.

人類の多くが使用するソフトウェア:Microsoft Excel.学生からビジネスパーソンまで幅広い層の方が使用しています.

Excelは「表計算ソフト」です.なので,たくさんのデータを入力し,それを計算,グラフや表などを活用しわかりやすく表示するのに長けたソフトウェアです.

しかし,これらを効率的に行うのは意外と難しいもの.Excelの自由度の高さから多くの方が悩まれる部分かもしれません.

そこで,今回っは「DOV」と呼ばれる,Excelにて効率的なワークシートを構成するためのパターンを紹介します.このDOVパターン自体のお話は,ノンプロ研の定例会にてタダケンさん(@tadaken3)がご紹介してくださった事例に喚起されたものです.

では行きましょう!

DOVパターンとは?

今回紹介するDOVパターン.検索してみても,Excelに関する情報しかでてきませんでした.なので,もしかしたらExcelに特有の考え方なのかもしれません.

DOVパターンでは,以下の3つに処理を分けます:

  1. Data:入力
  2. Operation:演算
  3. View:表示

シートも,以下のように分割するとわかりやすいかもしれません:

  • Data:入力シートでは,データの「入力」だけをします.
  • Operation:演算シートでは,入力されたデータを関数などを活用しながら「演算」していきます.
  • View:表示シートでは,データや演算された結果を人にわかりやすく「表示」していきます.

簡単にいうとこんな感じですね.Webアプリケーションのフレームワークなどで多用されている「MVC」と似たような考え方かもしれません.

では,どのように処理を分割していくのか,以下で詳しく解説していきます.

Data:入力

Data:入力シートではデータの「入力」だけをします.

いわゆる生データですね.外部のデータソースからインポートしたデータなどをこちらのシートに挿入します.また,手作業によるデータの登録・入力などもこちらのシートで行います.以下のような感じですね:


※こちらのデータは「なんちゃって個人情報」で作成されています

重要なことは,ただデータの入力だけをするシートだということです.関数での処理や,マスタからの参照などはこちらのシートでは行いません.また,計算などの際に邪魔なのでセル結合も行わないでください.テーブル形式にして使用します.

こうすることで,データの入力者が計算式を壊してしまうことを防げますし,生データをそのままにして処理していきますので処理のやり直しなどの際にも強いです.

こちらで入力されたデータをOperationしていきます.

Operation:演算

Operation:演算シートでは,入力されたデータを関数などを活用しながら「演算」していきます.正規化や標準化などを含むデータの加工もこちらで行っていきます.データの入力とこれらの処理を分けることで,作業の手順も見えやすくなります.

まずは使いやすいように,入力シートのデータをコピペすることをオススメします.演算シートにリンクを貼る方法でも良いかもしれませんが,データ数が多くなると非常に重くなりますので,その都度,値ごとにコピペしてくるので良いと思います.

その後に,関数やVBAを使用したデータクレンジングの作業や,集計などを行います.ここでは,場合によっては元のデータをいじっても構いません.たとえば,氏名のデータを名字と名前に分割して,元の氏名のデータを削除しても良いでしょう.ただし,このような処理は,本来であればデータの入力段階で避けるべきです.でも,実際にはなかなかそうも言ってられません.できるだけ生データを残し,また加工する場合でもVBAや関数などで処理の内容が見えやすいように工夫すべきでしょう.

以上の演算シートでの処理は,Excelのもつ機能を最大限活用できる場面です.ここで集計したデータなどをViewで表示していきます.

View:表示

View:表示シートでは,データや演算された結果を人にわかりやすく「表示」していきます.

この段階では,セルの結合などもある程度はかまいません.コンピュータに優しい見た目でなく,あくまでも人にとって見やすいレイアウトに整えていきます.色付きの表やグラフなどもふんだんに活用していきましょう.

Operationで算出した数字を表示シートに持ってくる場合,コピペを繰り返すことで汚染される場合があります.なので,できるだけ名前付き範囲を活用したり,リンクによって参照したりすると良いでしょう.コピペによる汚染を防ぐことができます.

まとめ

今回はExcelでDOVパターンを活用する方法を簡単に紹介してみました.

今回はシートを3つに分けて処理を行いましたが,必ずしもこのようにする必要はありません.重要なのは,今回紹介したDOVパターンの3つの段階ごとに分けて考えるということです.上記の3つを全て同じ段階で処理しようとすると無理が出てきます.データ数の増加などの少しの変更であっても,その影響は多くの場所に及ぶでしょう.

参考になればと思います!

タイトルとURLをコピーしました