GlideでBMI計算アプリを作成する【概要と大まかな手順】

Glide
この記事は約3分で読めます。

みなさん,こんにちは。
シンノユウキ(shinno1993)です。

ノーコードでアプリが作成できるGlideは,Googleスプレッドシートに蓄積したデータをリスト形式などで表示するのに向いています。本ブログでも,過去に書評アプリの作成方法について紹介しています:

しかしGlideでも,何らかの計算をアプリ上で行うカスタム計算機アプリを作成することも可能です。

そこで今回からいくつかの記事に分けて,BMI計算機を例にGlideでカスタム計算機アプリを作成する方法について紹介していきます。

今回は初回ですので,作成するBMI計算アプリの概要と,大まかな作成手順について紹介していきます。

スポンサーリンク

GlideでBMI計算アプリ

本シリーズを最後までご覧いただけると,下記のようなBMI計算アプリを作成できるようになります:

GlideでBMI計算アプリ

GlideではPWAとよばれるアプリケーションを作成することができます。PWAは,インストール不要でありながら,スマートフォンのネイティブアプリと同じように動作する非常に便利なアプリケーションです。スマホで便利に使用できるため,誰でも手軽に使用することができます。

なおこれらは,プログラミング不要(ノーコード)で作成できます。ノンプログラマーにとっては非常に嬉しいところです。

大まかな作成手順

BMI計算アプリは,大まかに以下の手順で作成していきます:

GlideでBMI計算アプリを作成する手順
  • ステップ①
    ミニマムなGlideアプリを作成する

    アプリの雛形となる最小限のアプリを作成します。

  • ステップ②
    カスタム計算機能を実装する

    ステップ①で作成したアプリに列と計算機能を追加し,カスタム計算機能を実装します。

  • ステップ③
    UIを構築する

    各種フィールドを追加し,カスタム計算を行うためのUI部分を構築していきます。

  • ステップ④
    ログイン認証を設定する

    カスタム計算を行うために必要なログイン認証を設定します。

  • ステップ⑤
    アプリを公開する

    作成したアプリを公開します。

現段階では,もしかしたら難しそうに思える部分もあるかもしれませんが,手順ごとに詳しく解説していきますので,ぜひ最後までご覧いただければと思います。

まとめ

今回は,Glideで作成するBMI計算アプリの概要と大まかな作成手順について紹介しました。

実際にどのようなアプリを作成するかを理解したところで,実際にアプリの作成に入っていきたいと思います。

次回は,Glideでミニマムアプリを作成する方法について紹介します。

連載目次:GlideでBMI計算アプリを作成する

  1. GlideでBMI計算アプリを作成する【概要と大まかな手順】現在のページ
  2. Glideでカスタム計算機に必要なミニマムアプリを作成する方法
  3. Glideでカスタム計算機能を実装する【BMI計算を例に】
  4. GlideのDetailsレイアウトの使いどころ【カスタム計算機に便利】
  5. Glideでサインイン機能を設定する方法【カスタム計算機アプリでは必須】
  6. Glideで作成したアプリを公開する方法
タイトルとURLをコピーしました