ヘルスリテラシー

ヘルスリテラシー

プラセボ効果をわかりやすく解説【ヘルスリテラシーを身につけよう②】

今回は「ヘルスリテラシーを身に着けよう」の連載の第2回で,「プラセボ効果」について紹介します。「効果があった!」と感じていることは,もしかしたらプラセボ効果かもしれません。 前回の記事はこちら! プラセボと...
ヘルスリテラシー

最速で健康栄養リテラシーを身につける方法

世間では健康や栄養に関する情報が溢れています。それらは,信頼できる質の高い情報もあれば,そうでないものもある「玉石混交」の状態です。玉と石を見極めるためには,それぞれの個人が「健康栄養リテラシー」を身につける必要があります。それを「最速」で身につけるためには,ある2つの書籍を読むことをオススメします。
ヘルスリテラシー

平均への回帰についてわかりやすく解説【ヘルスリテラシーを身につけよう①】

「ヘルスリテラシーを身に着けよう」の連載第1回。今回は介入研究を読み解く際に気をつけたい平均への回帰について紹介します。
2019.10.02
ヘルスリテラシー

科学と疑似科学を分け見極める材料としての「反証可能性」について

科学と疑似科学とを分ける「線引き問題」(demarcation problem)。「線引き問題」で用いられてきた,カール・ポパーの「反証可能性」を題材とし,疑似科学を考える際の材料の一部を提供したいと思います。
ヘルスリテラシー

食塩の摂取目標量がどんどん下がるのはなぜか?

もうすぐ公表予定の「日本人の食事摂取基準(2020年版)」.そこではまた食塩摂取の目標量が厳しくなりました.ここのところ下がり続ける食塩の目標量.これがなぜ下がり続けるのか.食事摂取基準の目標量の考え方なども鑑みつつ解説します
ヘルスリテラシー

食事摂取基準で基準がない栄養素はいくらでも食べてよいのか?糖類を例に紹介します

食事摂取基準で基準の定められていない栄養素はいくつかあります.それは,いくらでも食べて良い,という意味なのでしょうか.今回は糖類を例に紹介します.
ヘルスリテラシー

なぜ管理栄養士でも「オーソモレキュラー療法」に傾倒してしまうのか?

栄養学を専門的に学んだ管理栄養士であっても,現代の標準治療の範疇ではない「オーソモレキュラー療法」を支持してしまう人がいます.今回は,なぜそのようなことになってしまうのか,少し考えてみようと思います.
2019.08.09
ヘルスリテラシー

【管理栄養士が調査】オーソモレキュラー療法とは?高濃度ビタミンCはガンに聞くのか調べてみた

オーソモレキュラー療法について概観し,高用量ビタミンCのガンへの効果について紹介します.
2019.02.24
ヘルスリテラシー

健康の”自己責任論”について考えてみる【人は生まれながらに平等か?】

その人が不健康なのは不摂生が原因である.すなわち自己責任だ,とする論調は特に2型糖尿病などの生活習慣病で根強く存在しています.今回はそれに対する反論を,私なりにまとめてみました.話は紆余曲折し,分かりづらいかもしれませんが,よかった...
2019.08.12
タイトルとURLをコピーしました