Python

機械学習を体験してみたいなら無料で使える「Google Colab」がオススメ

機械学習,ひいてはディープラーニングを体験してみたい!と思ったときの障壁の1つが環境構築です.これらには様々なライブラリを活用することになるでしょうし,また一般的なノートブック程度のスペックでは処理に何時間もかかってしまいます.とい...
Excel

【ExcelVBA】チェックボックスに含まれる情報をシートに転記してみよう【栄養計算ソフト】

今回は「栄養計算ソフトに機能を追加しよう」の連載第3回.以下の記事の続きです. 前回はクラスモジュールを利用して,オプションボタンを変更した際のイベント処理を一元化しました.それによって,コードの処理が簡潔になり,メン...
Python

食品画像を認識するAI:「FoodAI™」を試してみた

Pythonを使ってみてAIを使ってみたくなりました。でも、自分でディープラーニングなどを活用してAIを活用するには、食事画像などのデータセットの用意が難しいので、画像を認識するAIを使ってみることにしました。その使い方などを紹介します。 ...
Python

【Python】欠損を処理しよう|除外と置き換えの方法を紹介【データ分析】

今回はデータ分析などの際に問題となる”欠損”について、データ処理の段階できる処理:除外・置き換えについて、Pythonを用いて紹介します。 ”欠損”について 欠損を起こさないのが大前提 今回は、データ処理の段階での欠損を扱いま...
Python

【Python】Janomeを活用した 対話式に栄養計算できるスクリプトを作ってみた

Python記事の2つ目。前回は、「Janome」を使用して、形態素解析を行う方法を簡単に紹介しました。 今回は、これを使って、ユーザーから与えられた文章から、食品名や食品の重量を抽出し、栄養計算を行うスクリプトを作成...
Python

【Python】日本語の文章を解析できる「Janome」を使ってみた

先日よりプログラミング言語:Pythonの勉強をはじめました。Progateを一通りやって、PyQをかじってみました。その過程で、Pythonといえばやっぱりデータ分析、AI系でしょう!ということで、手始めに「形態素解析」というもの...
GoogleAppsScript

食品成分表から食品を検索するWeb APIをGASで作成しました!

以前、食品番号と重量から栄養価を計算するというWeb APIをGoogleAppsScriptで作成しました。 これに加えて、食品を検索もできたら便利だな―と思ったので、食品名を入力すると、その文字を含む食品一覧を返すAPIを...
Excel

【Excel】残差法によるエネルギー調整を行うためのExcelシートを作成しました【栄養統計】

以前、以下の記事でExcelによるエネルギー調整の方法を解説しました。 Excelでエネルギー調整をしてみよう!密度法と残差法の2つの方法を紹介 しかし、特に残差法は方法が複雑でちょっと使ってみたいという場合には、少し向...
雑記

社会人2年目でゆるーく転職活動してみての備忘録

実は、かなりゆるーく転職活動をしていました。実際に転職するにはいたりませんでしたが、そのプロセスや感じたことなどを忘れないうちに記録しておきたいと思います。備忘録的な性質が強い記事ですが、ぜひご覧ください。
栄養情報

【管理栄養士が検証】話題の完全食:COMPを試してみた【生きるために食べる?】

今回は、今話題の完全食:COMPを試してみました。以前から興味があったのですが、なかなか試すには至らず、今回お試しセットを注文して試してみました。これで果たして完全に栄養バランスの整った食事が取れるのかなど、管理栄養士の視点で紹介し...